1. ピーフォースフォートで生活習慣とEDを改善しよう   >  
  2. ピーフォースフォートの服用法

ピーフォースフォートの服用法

世界初のED治療薬として有名な『バイアグラ』の有効成分を含むピーフォースフォート。ED治療に効果を発揮ためには、正しい服用を心がけねば成りません。またそれと合わせて副作用の症状も学んでおきましょう。

ED治療薬はすべて食事の影響を受けます。バイアグラも食事やアルコールの影響を受けやすい薬剤ですので、なるべく空腹で服用するようにしてください。空腹であれば30分程度で効果が見られます。お腹に食物が残っている状態で服用すると薬剤の吸収が悪化したり、遅延したりするため、効果発現が遅延したり、十分な効果が得られません。どうしても食事をする場合には空腹時にバイアグラを服用しバイアグラを体内に吸収させてから食事をすると影響が少なく済みます。やむを得ず食後に服用する場合にはなるべく油ものを控えること、食後2〜3時間ほど間をあけてから服用するようにしてください。また少量のアルコールはリラックス効果により性欲増進作用がありますが、アルコールはEDを引き起こす可能性がありますのでご注意ください。

バイアグラに限らず、ED治療薬を服用すると顔のほてりや目の充血・鼻づまりといった副作用が表れることがあります。ED治療薬の副作用はアルコールを摂取したときのことをイメージしてください。アルコールを摂取するとアルコールの作用により血管が拡張され、顔の血管の場合「ほてり」、目の血管の場合「目の充血」が出ますが、ED治療薬も同様です。ED治療薬はすべて陰茎の血管を拡張させて陰茎の血流を増加させることによりEDを改善させますが、ED治療薬が顔の血管をさせると、「ほてり」、目の血管を拡張させると「目の充血」等が出ます。作用時間も一時的なものです。ED治療薬服用の70%でこれらの症状は見られません。